top of page
スクロールグループ 1.png

User Voice・Blog

お客様の声・ブログ

  • kouyoiraa

23才の時。




23才の時、


駆け落ちするほど好きだった、哲学的な考えを持つ彼に


突然こう言われたことがありました。



「ようこは自分のことまだ知らない」


「自分の魅力を分かっていない」



突然のことだったので、


衝撃と共にキツネにつままれたような感覚になったのを今でも覚えています。



なぜなら、そういう事、考えたこともなかったから。


23才の私は、想いはあるけど、それを自分の言葉にしたりだとか


自分の考えだとか、意見というものを意識して持ったことがなかったから。



それなのに


一つだけ年上だったその彼は


いつも自分の考えを持っていて、


何に対しても視座が高く


いろんなことを考察していていつも哲学的でした。



そんな彼にものすごく影響され、


私の自己探求の旅がそこから始まっていきました。



だって、彼は「私の本当の姿」を知っているのに


私自身が知らないってどういうこと??


そんな 自分が知らない自分がいるんだったら知ってみたい。


そんな風に 目が覚めるような感覚がしました。




彼はいつも確固たるブレない軸があって


24才の時点で


「世の中にはいいも悪いもないんだよ」とか、


「どんなことでも自分が確信的に行えば それは美しく見える」とか


「自分のフィルターを外して世界を見てごらん」とか



「本質を見る目」というのものをいつも教えてくれました。



そんな彼と過ごす時間の中で、


想いを言葉にできない自分自身に少し恥ずかしさを感じ


自分を知ることに興味が膨らんでいきました。




子供の頃から「本当の事が知りたい」という


想いの土台があったので、「本当の自分を知りたい」と


そこに火がついたとも言えるかもしれません。



そんな彼とは4年半後お別れすることになったのですが、


その後、本格的に「修行の道」に入っていく


その想いが目覚めるきっかけになったのは言うまでもありません。




その後、たくさんの自己探求をして



自分が知らなかった自分自身を知っていった。




自分を知ることで、人の想いが分かっていった。



「本質の私たちが見えない状態になっている 」




そのからくりのようなものをずっと探求してきました。



そんなストーリーがあってできた「詩」が



『本当のあなた』。






よかったら、読んでみてくださいね。



今度は私が



「あなたがまだ知らない本当のあなた」


「あなたが知らないあなたの魅力」



ここを開花させます♪



セッション詳細・HPはこちら👇











Comentários


コンポーネント 41 – 1_2x.jpg

お問い合わせ

自分自身の在り方を自由にデザインして、
あなたの望みを叶えましょう。
公式LINEからお問合せください。
ご登録特典として、
​浄化の周波数もプレゼントしています。
グループ 13393_2x.png
bottom of page